HOME
JAPANESE
Board
Board  
Title 2019年度における「若手の会セミナー」開催のご案内
Registrant 中村 吉勝
Affiliation Web担当(カスタネット)
Content 情報処理学会九州支部会員 各位
 
参加申し込みの締切りまで3週間ほどになっておりますので、
再度、2019年度「若手の会セミナー」のご案内させて頂きます。

参加申込締切り :2019年11月 7日(木)17時 (延長しました)
発表原稿提出期限:2019年11月21日(木)17時 (延長しました)
 
本年も、一般の研究発表に加え、萌芽的研究発表を設けていますので、
通常の研究発表だけでなく、意見交換や交流を目的とした発表でも大歓迎です。
また、特別講演(テーマは検討中)も予定しておりますので、
是非とも、参加ご応募下さい。

--------------------------------------------------------------------------
主催:情報処理学会  九州支部
--------------------------------------------------------------------------
2019年度  若手の会セミナー  参加募集要項
--------------------------------------------------------------------------
毎年恒例の「若手の会セミナー」につきまして下記のとおり、ご案内いたします。
本年は、2019年12月6日~12月7日に佐賀県唐津市「国民宿舎 虹ノ松原ホテル」にて
開催します。
皆様のご参加および、若手研究者のご推薦をお願い申し上げます。
 
                 記
 
1.開催日時
  2019年12月6日(金)13時 ~ 12月7日(土)13時  (1泊2日)
 
2.会場
  国民宿舎 虹ノ松原ホテル
   〒847-0017 佐賀県唐津市東唐津4丁目
   TEL:0955-73-9111
   URL:https://www.karatsu-niji.jp/
 
3.参加者資格
  若手(自称を含む)の研究者・技術者(本会の非会員の方も可)
  ※定員は20名を予定しています。(参加申し込みの先着順)
 
4.セミナー参加費など
 
  参加者種別     参加費(税込)  備考
  --------------------------------------------------------------------
  情報処理学会会員  3,000円   ※1
  非会員学生     3,000円
  非会員       6,000円
 
  ※1:本学会学生会員には、旅費について九州支部から支援の制度があります。
  以下のページに「学生会員の交通費補助に関するガイドライン」を示して
  おります。
  https://www.ipsj-kyushu.jp/movepage-introduce-ipsj-k-about-ryohi-student
  ご希望の方はお問い合わせください。
 
5.セミナーの内容:
  分野は限定せず情報処理技術の基礎・応用に関する幅広いテーマを募集致します。
  本年は、一般の研究発表セッション(発表15分、質疑5分)と萌芽的研究発表
  セッション(プレゼン5分~10分、残りを全員で意見交換)を設けていますので、
  通常の研究発表だけでなく、意見交換や交流を目的とした発表でも大歓迎です。
  一般の研究発表は、予稿集を作成します。
  萌芽的研究発表(意見交換)は、予稿集には含めず、当日配布して活用しますが、
  論文内容及び本人希望確認の上、予稿集に含めることも可能です。
  また、優秀な論文および発表には「情報処理学会九州支部奨励賞」を設けております。
 (ただし、受賞対象者は,本会学生会員に限定)
  みなさま奮ってご応募ください。
 
 6.セミナープログラム:
  下記スケジュール(予定)の第1セッション、第2セッションにて、研究発表・
  意見交換を実施します。
 
  12月6日(金)
   13:00 受付開始
   13:45 開会あいさつ
   14:00 
    ~   第1セッション(一般の研究発表)
   16:00
   16:15
    ~   特別講演1
   17:45
   18:00
    ~   懇親会
 
   12月7日(土)
   09:00
    ~   特別講演2
   10:30
   10:45
    ~   第2セッション(萌芽的研究発表、意見交換)
   12:15 
   12:30 閉会あいさつ
   12:40 解散
  
   特別講演
    テーマ1:「AIのビジネス適用に向けた取り組み」
          ~AIの乗り越えないといけない壁~
    講師  : 富士通九州ネットワークテクノロジーズ株式会社
           ビジネス戦略本部 AIビジネス推進室
          三宅 正人 様
 
    テーマ2:「ブロックチェーン仮想通貨の技術的発展と今後の世界」
    講師  : 近畿大学 産業理工学部 情報学科 教授
               山崎 重一郎 様
 
7.参加申込方法
  参加申込フォーム(下記)にて、必要情報を記入してお申込みください。
  https://www.ipsj-kyushu.jp/events/wakate-konngo-yotei
 
  ・本情報、論文について、部屋タイプの参考情報、備考をご入力してください
  ・参加申込確認画面にて、入力情報を確認したうえ、「参加申込する」を
   クリックして登録します。
   ※参加申込登録をしますと確認メールが自動送信されます。
  ・電子メールにて送られたURLに接続して、参加申込同意を行うと完了します。
 
  なお、発表をされる方には、申込期間終了後、電子メールにて受付番号と
  パスワードを発行いたします。
  その受付番号を用いて、下記の『9項 発表原稿提出方法』にしたがって
  原稿を投稿してください。
 
8.参加申込締切り
  2019年11月7日(木)17時 (延長しました) (ただし先着20名で締め切ります)
 
9.発表原稿提出方法
  最終原稿のPDFファイルを 原稿提出フォーム から投稿してください。
 
  ※2019年10月1日(火)より原稿提出フォームを公開予定です。
 
  その際、申込時に発行された受付番号を用いて、ファイル名を「受付番号.pdf」
  としてください。なお、投稿は何度行っても構いません。締切前の最新の原稿を
  最終原稿といたします。
 
  提出期限:2019年11月21日(木)17時 (延長しました)
 
  【セッション1、2:一般の研究発表原稿について】
 
  A4用紙。縦置き横書き。1ページ目にタイトル、所属、著者名、概要(300文字
  程度)を記載。
  左右に25mm、上下に30mm程度の余白。ページ番号は振らないでください。
  下記の情報処理学会の論文フォーマットのページもご参照下さい。
  http://www.ipsj.or.jp/journal/submit/style.html
  そのまま予稿集に印刷しますので、印刷品質については各自ご確認ください。
 
  【セッション2:萌芽的研究発表(意見交換)原稿について】
 
  A4用紙。縦置き横書き。1ページ目にタイトル、所属、著者名、概要(300文字
  程度)を記載。2ページ目以降はフリーフォーマットで、研究における苦労した点、
  アピールポイントなどを記載して下さい。
  基本、予稿集には含めず、研究発表および意見交換時に配布活用しますが、
  論文内容及び本人希望確認の上、予稿集に含めることも可能です。
 
10.情報処理学会  学生会員へのお申し込みについて
  情報処理学会では、大学院博士課程までに在学中の方を対象に、費用の面など、
  様々な優遇措置が受けられる「学生会員」を募集しています。
  本「若手の会セミナー」ご参加を機会に当学会「学生会員」へのご入会をお勧め
  します。
  学生会員が受けられるサービス及び、入会申し込みについては、以下のURLを
  ご参照下さい。
 
  [学生会員サービス]
  http://www.ipsj.or.jp/member/service-gakusei.html
 
  [入会申込書(学生会員)]
  https://service.kktcs.co.jp/smms2/c/ipsj1/request_member_ipsj
 
11.問い合わせ先
  富士通九州ネットワークテクノロジーズ株式会社 第二統括部 第一開発部
  土永 義照
  Tel: 092-852-8163  e-mail: ytsuchi@fujitsu.com
 
  株式会社NTTデータ九州 社会基盤事業部 ソフトウェアビジネス統括部
  西村 拓磨
  Tel: 092-475-5145  e-mail: nishimura@nttdata-kyushu.co.jp
 
                                    以上
Attachment   【公示】若手の会セミナー2019_CFP(PDF版)2019-10-11.pdf   若手の会セミナー2019 発表プログラム2019-11-19.pdf
 
All Rights Reserved, Copyright (C) Information Processing Society of Japan Kyushu Branch