HOME
JAPANESE
Board
Board  
Title 2019年度情報処理学会九州支部報告会ならびに特別講演のご案内
Registrant 中村 吉勝
Affiliation Web担当(カスタネット)
Content ==============================================
2019年度情報処理学会九州支部報告会ならびに特別講演会のご案内
==============================================
 
                          情報処理学会 九州支部長
                                 冨浦  洋一
 
情報処理学会九州支部では,支部規約第4条第3項に基づき,下記の要領で,
2019年度支部報告会を開催致します.
九州支部会員におかれましては,ご参加くださいますようご案内申し上げます.

また,支部報告会に引続き,同じ会場におきまして特別講演を開催致しますので,
併せてご参加くださいますようご案内申し上げます.
 
          記

日時: 2019年5月22日(水)
    (14:30-15:00 受付)
    15:00-16:00 支部報告会
    16:00-17:00 特別講演会

場所: NTTDATA博多駅前ビルB1F B101-(2)会議室
    福岡市博多区博多駅前1-17-21
    株式会社NTTデータ九州
    http://www.nttdata-kyushu.co.jp/corporate/access/index.php

  ※入館時のお願い:
   入館に当たって,1F受付にて入館手続き,手荷物検査,アテンドが必要
   となります.特にノートパソコン等をお持ちの方は,「情報記憶媒体等
   持出承認書(外来者)」に記入し,退館の際,承認書とPC等のシリアル
   番号チェックを受けることとなりますので,あらかじめご了承の程,お
   願い申し上げます.

支部報告会
-------------------------
 式次第(予定):
 1. 支部長挨拶
 2. 本部来賓挨拶(予定)
 3. 情報処理学会九州支部 火の国情報シンポジウム2019奨励賞表彰
 4. 2018年度事業報告
 5. 2018年度決算報告
 6. 2019年度支部役員
 7. 2019年度事業計画案
 8. 2019年度予算案
 9. 閉会
 
 
特別講演会
-------------------------
 講師: 熊本大学 先端科学研究部
     准教授 上瀧 剛

 題目: コンピュータビジョン技術を用いた熊本城石垣の復興支援技術

 概要: 
  2016年に発生した熊本地震により熊本城の石垣から数万個もの石材が
  崩落した.
  石垣は文化財であるため,崩落石材一つ一つの元所在を求める必要があり,
  作業には多大な時間と労力を要する.
  本研究では,コンピュータビジョン技術を用いてこれらの特定作業を
  支援する石垣照合システムを開発した.
  飯田丸五階櫓石垣における評価実験では,熊本市による対応付け済みの
  103個の石材に対し,提案システムにより98個の特定(95%)が可能
  であった.
  さらに,目視では難しかった9個の対応付け未知の石材の所在を新規特定
  できた.

-------------------------
 
Attachment   2019支部報告会資料_5.15案.pdf   2019特別講演.pdf
 
All Rights Reserved, Copyright (C) Information Processing Society of Japan Kyushu Branch