HOME
JAPANESE
Board
Board  
Title 「ソフトウェアとネットワーク技術シンポジウム ~機械学習とアジア太平洋地域を見据えて~」 のご案内
Registrant 中村 吉勝
Affiliation Web担当(カスタネット)
Content ソフトウェアとネットワーク技術シンポジウム
  ~機械学習とアジア太平洋地域を見据えて~
 
                       2018年11月30日(金)
          熊本市国際交流会館 5階 大広間A・B
 
併設イベント:熊本高等専門学校見学会&VDM研究会
                      2018年12月1日(土)
 
     主催:ソフトウェア技術者協会(SEA)九州支部
     協賛:情報処理学会九州支部
 
                            参加者募集
 
ソフトウェア技術者協会(SEA)九州支部では、ソフトウェア工学とインター
ネットの発展に大きな寄与をされたお二人をお招きし「ソフトウェアとネット
ワーク技術」シンポジムを開催致します。
 
お一人は、一般社団法人 日本ネットワークインフォメーションセンター
(JPNIC)の理事長でもある後藤滋樹先生(早稲田大学 基幹理工学部教授)で
す。アジア太平洋地域と国内でのイン ターネットの発展に大きく寄与され、
今回はその歴史を踏まえて、今、日本が果たすべき役割について講演頂きます。
 
次に、ソフトウェア工学で、日本国内はもとより世界的にも高い知名度を持た
れ、また、リードして来られた玉井哲雄先生(東京大学名誉教授) にソフト
ウェアの要求仕様の深層学習を用いた分類 の研究成果と、機械学習の応用全
般について講演頂きます。
 
今回のシンポジムは、荒木啓二郎先生が九州大学を退官され、熊本高等専門学
校に着任されたことをきっかけに、シンポジウムを企画しましたところ、著名
なお二人のご講演が実現したものであり、歴史を作り、なおかつ新しい取組み
をされているお二人の貴重な講演となる事と思います。
 
シンポジウム終了後は、技術交流会を企画しています。合わせて、是非ご参加
ください。技術交流会のみの参加も受け付けています。
 
併設イベント翌日(12/1)は、熊本高等専門学校の見学会と形式手法(VDM)
に関する研究会を企画しています。熊本高等専門学校(熊本キャンパス)の見
学と形式手法に関する技術討論を行います。見学会のみの参加も結構ですの、
関心のある方は、この機会に是非お立ち寄りください。
 
参加される方は,「こくちーず」の「ソフトウェアとネットワーク技術シンポ
ジウム」
https://www.kokuchpro.com/event/45757981aba72538a0350d7029850572/
よりお申し込みください。
 
******プログラム(予定)2018年11月30日(金曜)14:00 - 17:30
シンポジウム会場:熊本市国際交流会館(http://www.kumamoto-if.or.jp/kcic/)5階 大広間A・B
 
14:00 14:10 開会の辞
 
14:10 - 15:30 講演(1)後藤 滋樹(早稲田大学教授)
 
タイトル(予定) :成熟した日本社会と競争激化するアジア諸国 --アジア太平
洋地域のインターネットの変遷 --
 
概要(予定)講師は、1985年から日本のインターネットの黎明期のJUNETの運営
に協力した後に、1993年からアジア太平洋地域のインターネットの発展を促進
してきた。その活動の中で遭遇した話題を、シンポジウムにご参加の諸兄と共
有したい。ある時期には、日本をJapan as Number Oneと称賛する声がある一
方で、アジア諸国は日本を良く研究した。現在では、中国のGDP(名目)が日本
の2倍を超えている。経済の規模だけではなく、中国ではアメリカに比肩する
新ビジネスが展開中である。このような状況の世界においても日本の役割があ
るのだろうか。講師は次のように考えている。日本は今なお大きな国であり、
日本の選択は世界に大きな影響を与える。
 
16:00 - 17:20 講演(2)玉井 哲雄(東京大学名誉教授)
 
タイトル:機械学習による品質要求の分類について
 
概要:ソフトウェアの要求仕様の中でも,品質要求についての記述の重要さは
広く認識されてきています.そこでわれわれは,実際的な要求仕様書を収集し,
その中で品質要求が機能要求と比較してどの程度記述されているか,どのよう
な種類の品質が扱われているかを調べることにしました.そのために,ネット
上で公開されている主に公的機関が作成した要求仕様書を集め,またそれを分
類・解析するツールを開発しています.QRMinerと名づけたそのツールは,深
層学習を用いて,要求文と非要求文,機能要求文と品質要求文を分類し,さら
に品質要求をISO/IEC 25000で定められているセキュリティや信頼性などの8種
類の特性に分類します.この講演では,このような研究の方法と成果を報告す
るとともに,機械学習の応用全般についても議論します.
 
17:20 - 17:30 閉会の辞
 
 荒木 啓二郎(熊本高等専門学校校長、九州大学名誉教授)
 
会費:1,000円
 
18:00 - 21:00 技術交流会会場:城見櫓(http://www.shiromiyagura.com/)
5階 パーティホール 天酒閣
 
話題提供:「 高専における教育と人材育成        ー 着任後半年で
感じた大学との違い ー 」
 
 荒木 啓二郎(熊本高等専門学校校長、九州大学名誉教授)
 
会費:8,000円(予定)
 
 
All Rights Reserved, Copyright (C) Information Processing Society of Japan Kyushu Branch